家庭用ソーラーシステム

昨今のエネルギー問題は世界中でも問題となっており、将来起こり得るエネルギー資源の枯渇を考慮して新たなエネルギー源を確保するための行動を着々と進めています。

 

太陽光発電システムもそういった新たなエネルギー資源として大きく注目されており、少しでも多くの方に普及されるよう家庭用ソーラーシステムの研究もずいぶん前から開始されており、日本で本格的に家庭用ソーラーシステムが販売されたのは90年代後半でした。

 

発売当初は平均的なサイズのソーラーシステムであっても1千万円はする非常に高額な商品でしたが、現在では200万円台からでも手に入れる事が出来るようになり、ある程度金銭的な余裕があるという人なら比較的簡単に導入する事が出来ます。

 

家庭用ソーラーシステムは何もしなくても太陽さえ昇っていれば電力を確保する事が出来ます。

確保した電力は昼間使用している家電類を動かしたり、蓄電池に充電していざという時の非常用電力として利用したりと様々な形で利用する事が出来ますし、現在では電気自動車の充電用の機材としての利用法も検討されているそうです。

 

これから先も研究が続けば家庭用ソーラーシステムの普及率はもっと上がっていくことでしょう。

 
太陽光発電のメリットとデメリット|2013年度以降の傾向